« 今日のデ-タ・・・ 10市町が連結赤字25%超過 | トップページ | 今日のデ-タ・・・ 4月派遣労働者数やや減少 »

長期金利上昇

6月5日

長期金利が上昇をはじめています。5日の新発10年物国債の利回
りが一時1.8%、取引終了時でも1.79%となりました。3月
に1.5%でしたから20%もの上昇となりました。

上昇の理由には、法人企業統計が好調であったことで国内経済の堅
調さが確認されたこと、アメリカの雇用統計が15万人と市場予想
を上回リ、アメリカ国債が4.8%と上昇するなど欧米金利の上昇
があげられています。

金利には大きく分けて長期金利と短期金利があります。長期金利は
直近に発行された10年国債(既発債)の市場での流通利回りで決
定されます。長期金利は国債の需要供給以外にも多数の要因で決定
されますが、需給関係で大雑把に見てみます

一旦発行された国債は債券市場で自由に売買されます。債券市場の
参加者は限定されていませんから、その時々の景気情勢を反映しや
すい市場となります。

発行されている国債の数量は一定ですので、購入希望者が多ければ
債券価格は上昇します。国債の償還額は固定されていますから、利
回りは低下することになります。反対に購入希望者が少なければ、
債券価格は下落し、したがって利回りは上昇します。

国債を売却するということは、機関投資家などが資金を手元に置く
ことを意味し、その資金は設備投資などに振り向けられます。とい
うことは今後景気が上昇すると予測した行動とも言えるわけです。

売却が多ければ価格は下落しますので、国債の利回りは上昇するこ
とになります。長期国債の利回りは、日本銀行の短期金利への介入
に影響を及ぼしますし、財務省が新たに発行する国債の利回りにも
影響を与えます。

これに対して、短期金利の代表的なものは、無担保翌日物と呼ばれ
る銀行間の金銭の貸借取引での金利です。短期市場の参加者は銀行、
生命保険会社など限られた参加者ですので、日本銀行はこの短期市
場に資金を出し入れして毎日の金利を操作し、基準金利(現在0.5
%)に近づけるようにします。

長期金利が上昇している中で無理に短期金利を押さえ込めば、資金
は短期市場の外に出て、過剰流動性を引き起こし、インフレの原因
ともなりますので短期金利の指標である基準金利を上げざるを得な
くなります。消費者物価が上昇しなくとも金利の引き上げをすると
日本銀行が予告している理由で、エコノミストたちは大半8月の基
準金利0.75%の引き上げを予想しています。

----------------------------------------------------------

年金だけの収入では足りない生活資金を調達する必要のある私は
ここ
で見つけたお仕事で、年金の倍近い副収入を得て不安解消です。
\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

|

« 今日のデ-タ・・・ 10市町が連結赤字25%超過 | トップページ | 今日のデ-タ・・・ 4月派遣労働者数やや減少 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399244/6672652

この記事へのトラックバック一覧です: 長期金利上昇:

« 今日のデ-タ・・・ 10市町が連結赤字25%超過 | トップページ | 今日のデ-タ・・・ 4月派遣労働者数やや減少 »