« 生命保険受け取り漏れ防ぐには  生命保険不払い問題調査終了 | トップページ | インタ-ネット専業銀行サ-ビス競争激化 »

10月からの雇用保険の変更点

相続、不動産、年金保険、金融経済、税金の詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp/category/1017484.html
にも関連記事がございます。ご参考にしていただければ幸いです。

10月7日

10月からの雇用保険の変更点

失業保険ともいわれる雇用保険制度が10月1日より変更され、短
期間勤務の自己都合退職者などに対し失業手当を支払わないなど、
無駄な失業などの給付や不正な受給を抑える反面、若者や女性に一
定の配慮をしています。

最も大きな改正は、失業手当てを受け取れる条件の変更です。今ま
では1年間に6ヶ月以上失業保険に加入(勤務)していれば失業手
当が受け取れましたが、10月からは2年間で1年以上失業保険に
加入していなければ受け取ることができなくなりました。

半年働き、約3ヶ月は、失業手当で遊んで暮らすというライフスタ
イルは認めないということです。

ただ、以前からあった勤務先の倒産、事業所の廃止に加えて、解雇
や賃金未払い、労働環境の不当な悪化など、雇用契約書に勤務態度
に「問題がなければ契約の更新は可能」など更新が予定されていた
有期雇用契約が更新されなかったばあい、身体の異常、育児、介護
の必要などの場合は、「特定受給資格者」の認定をハロ-ワ-クか
ら受けられれば、従来通り、1年間に6ヶ月勤務すれば失業手当が
受け取れます。

上司との衝突で突然退職した場合など、離職票に解雇と明記されて
いない限り、認定が受けられる可能性はきわめて低く、失業手当は
受け取れなくなります。退職後すぐに離職票を取り寄せ、離職票の
離職理由を確認し事実と異なるときは、離職票の「事業主がつけた
離職理由に異議」に○をつけ、ハロ-ワ-クに提出すれば認定され
る可能性が高くなります。

自分のスキルアップのために、厚生労働大臣が指定した講座を受けた
とき、授業料などの一部が補助される、「教育訓練給付金」は3年
以上雇用保険に加入していれば、かかった費用の20%(上限10
万円)になりました。以前の5年以上加入者に40%(上限20万
円)は廃止となりました。

初めて講座を受ける場合に限って1年以上雇用保険に加入していれ
ば、費用の10%(上限10万円)が受け取れる制度が創設されて
います。

教育訓練給付金はかっては、80%(上限40万円)とされたとき
もあり縮小しています。今後廃止される可能性が高いとの指摘もあ
ります。なお補助金を受け取るには、授業料等をいったん支払い、
講座の受講終了証がないと受け取れません。申請期限も受講終了翌
日から1ヶ月以内にハロ-ワ-クに申請しなければなりません。

育児休業を終えて職場復帰したときに支払われる、「育児休業者職
場復帰給付金」が「休業する前の賃金の20%」×「基本給付金と
同じ給付日数」となり、以前の10%から増えました。

対象となるのは、今年3月31日以後に復職した方です。なお「育
児休業基本給付金」の30%は変更はありませんので、合計休業前
賃金の50%になります。休業中に勤務先から、休業前の賃金の8
0%以上の給与を受けている場合は対象となりませんし、80%以
下の場合は50%との差額のみが支払われます。

いずれも該当する場合は、休、退職後すぐに最寄のハロ-ワ-クで
確認されることをオススメします。
             
ここまでお読みいただきありがとうございました。

日経新聞から イチ押し知ッ得情報
お問い合わせは teco20072000@yahoo.co.jp

相続、不動産、年金保険、金融経済詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp

|

« 生命保険受け取り漏れ防ぐには  生命保険不払い問題調査終了 | トップページ | インタ-ネット専業銀行サ-ビス競争激化 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399244/8277812

この記事へのトラックバック一覧です: 10月からの雇用保険の変更点:

« 生命保険受け取り漏れ防ぐには  生命保険不払い問題調査終了 | トップページ | インタ-ネット専業銀行サ-ビス競争激化 »