« ジャスダックとヘラクレス統合へ      新興株式市場再編加速 | トップページ | 自賠責保険料 20~30%引き下げへ   2008年4月から »

NTT光回線接続料、初めて引き下げ   208年4月から

相続、不動産、年金保険、金融経済、税金の詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp/category/1017484.html
にも関連記事がございます。ご参考にしていただければ幸いです。

12月29日                    Vol 243

NTTは、総務省の要請に応じ、電話局から一般家庭までの光ファイバ-
回線を他の通信事業者に貸し出す際の接続料を、2008年度から東日本
で7%、離島を多く抱え敷設費用が大きくなる西日本で0.5%引き下げ、
それぞれ4750円、5050円程度(一芯回線当たり)とします。

一般家庭への光回線、電話回線は、NTTの独占事業となっており、接続
料は総務省の認可事項となっています。光回線の普及が7年間で、100
0万件強と進まないのは、接続料の高止まりが原因としていた総務省の指
導の結果です。

これにより、ソフトバンク、KDDIなど他の通信事業者の負担が幾分軽
減され、利用料金の引き下げになる可能性があり、光ファイバ-網の普及
が進むことが期待されます。

光ファイバ-は高速の通信を可能にし、情報量の大きな画像やデ-タの送
受信に大きな威力を発揮し、ネットテレビの普及にも一層はずみをつける
ことになります。

NTTは、現在月額5460円のBフレッツの料金は当面引き下げないと
していますが、他の通信事業者が引き下げた場合居、競争原理が働き引き
下げる可能性があります。

今回の引き下げをめぐっては、光ファイバ-敷設の投資額が9000億円
に及ぶ償却を10年とするNTTと、実際の試用期間の20年を主張する
総務省との間の駆け引きの中で、長期の償却により、費用負担が軽減でき
るとする総務省の意向が通ったことになります。

今回の引き下げ幅が小さいため、消費者への恩恵が限られたものになりそ
うですが、それでも2001年7月から初めての引き下げは今後への期待
を抱かせてくれそうです。

引き下げにより現在20万回線とされる、他の通信事業者への貸し出しが
加速すれば問題ないのですが、2010年までの引き下げ期間の貸し出し
数が予想を下回った場合、NTTでは追加料金を検討するとしています。

これにたいして、KDDIなどはもう一段の引き下げが必要としています。

今後の重要な情報インフラである光ファイバ-は、補助金など国の予算を
投じてでも推進すべきと考えます。 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

日経新聞から イチ押し知ッ得情報
お問い合わせは teco20072000@yahoo.co.jp

相続、不動産、年金保険、金融経済詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp

|

« ジャスダックとヘラクレス統合へ      新興株式市場再編加速 | トップページ | 自賠責保険料 20~30%引き下げへ   2008年4月から »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399244/9617393

この記事へのトラックバック一覧です: NTT光回線接続料、初めて引き下げ   208年4月から:

« ジャスダックとヘラクレス統合へ      新興株式市場再編加速 | トップページ | 自賠責保険料 20~30%引き下げへ   2008年4月から »