グルメ・クッキング

4月ケンタッキ-、チキンなど半数の商品値上げ 16年ぶり

相続、不動産、年金保険、金融経済、税金の詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp/category/1017484.html
にも関連記事がございます。ご参考にしていただければ幸いです。

3月19日                  Vol 2-038

日本ケンタッキフライドチキンは、4月24日から主力のチキンを中
心に全国の約1450店全店で平均6.8%値上げすると発表しまし
た。

マクドナルドが消費者離れを起こさないように、地域別価格を実施し
ているなかで、外食同業のケンタッキ-が全店いっせいに値上げする
のは、コスト負担がそれだけ重いといえ、上げ幅も昨年来の外食業の
価格上昇幅よりも50%程度高くなっています。 

値上げするのは、オリジナルチキン210円を230円に、チキンフ
ィレサンド、フライドポテトも値上げ対象ですが、ホットコ-ヒ-な
ど一部商品は価格据置です。

値上げの理由は、フライドチキンの衣となる小麦粉が、4月から平均
20%値上げとなることや、鶏肉価格が鶏の餌となるトウモロコシ、
大豆が、世界的な穀物高による輸入価格の高騰で上昇していること、
食用油の価格上昇、人手不足によりアルバイトなどの人件費が上昇し
たためです。

これらの値上げ理由は、外食業界すべてに通じていることであり、今
回の値上げによる消費者の買い控えが起きなければ、他の外食も追随
することは必至です。

ただ輸入製品については大半がドル建てですので、直近の1ドル97
円から100円の水準が今後も続くようであれば、値上げ圧力も多少
は緩和されるかもしれません。

現に日経商品先物指数は、17日109.319と前週末に比べ2.
123と1.9%低下しており、2月下旬の直近の高値からは5.7
%下落しています。

物価上昇には、需要(消費者)が供給(企業)を上回る結果引き起こ
される「よい物価上昇」場合と、供給側のコストが上昇するため、需
要が強くなくても採算上やむを得ず引き上げる「悪い上昇」があると
されています。

春闘での賃金伸び悩みなどから見ても、これからしばらくは「悪い上
昇」が続くと考えた生活態度が必要と考えられます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

日経新聞から イチ押し知ッ得情報
お問い合わせは teco20072000@yahoo.co.jp

相続、不動産、年金保険、金融経済詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清製粉、小麦粉2割値上げ パン、即席めん、菓子類再値上げ

相続、不動産、年金保険、金融経済、税金の詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp/category/1017484.html
にも関連記事がございます。ご参考にしていただければ幸いです。

3月11日                  Vol 2-033

輸入小麦粉の政府売り渡し価格が、昨年4月から3度目の、そして
30%という、4月からの最大の値上げを受けて、製粉最大手の日
清製粉が、食品メ-カ-に販売する業務用小麦粉を、4月25日に
2割値上げするとを発表しました。

製粉業界2位の日本製粉、3位の昭和産業も同程度値上げする見込
みです。大手4社で70%のシェアを占める製粉業界の意向は、加
工食品メ-カ-は受け入れざるを得ない状況です。

小麦を原料にしている、食パン最大手の山崎パン、即席めん最大手
の日清食品、菓子類大手の森永製菓、グリコなどはこの値上げを、
ほぼ受け入れる見込みです。

原料である小麦粉仕入れ価格上昇分、原油高による箱など製品包装
費用の上昇分を合わせ、さらに小麦粉の国際価格が上昇傾向にある
ことから、今年10月の政府売り渡し価格の再値上げも見越して、
商品の価格を引き上げるか、価格は据え置き内容量を少なくする実
質値上げを、早ければ4月末ごろにも行う見通しです。

パン、即席めん、菓子類などの商品の値上げ幅は、昨年末からの値
上げで消費者の買い控えにあい、20から30%もの売上減少にな
ったことから、各社とも慎重に決定する模様です。

小麦粉は、国内で消費するほとんど全部を輸入に頼っています。政
府は少ない国内小麦栽培農家の保護のために、小麦の輸入をすべて
政府が行い、輸入価格に農家の栽培助成金、小麦粉の倉庫代などを
加算して売り渡し価格を決定しています。

日本の食料自給率が39%ときわめて低いなかで、食糧安保の観点
からもやむをえない制度とはいえ、国内小規模農家保護がEPA(
経済連携協定)交渉が、農産品輸出国のア-ストラリア、アメリカ
などと一向に進まず、日本の基盤である工業製品の輸出に高関税が
かけられ、国際競争力を失いつつあるのも現実です。

1月末に発覚した中国製の殺虫剤入りの餃子の1件を見ても、食料
品という、生活の基礎物資を安易に外国製品だけに頼る危うさも実
感しています。

やはり、頓挫気味の大規模農家の育成といった地道な政策を通じて
食料の国内自給率を70%程度にすること、そのためにバラマキ的
な農家補助ではなく、耕作放棄地を含む農地の再編のために税金を
投入することが、今後の日本の農政に求められていると思われます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

日経新聞から イチ押し知ッ得情報
お問い合わせは teco20072000@yahoo.co.jp

相続、不動産、年金保険、金融経済詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp

| | コメント (0) | トラックバック (2)

小麦製品再値上げの動き 食品メ-カ-30社調査

相続、不動産、年金保険、金融経済、税金の詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp/category/1017484.html
にも関連記事がございます。ご参考にしていただければ幸いです。

12月16日

国内消費量のほとんどを輸入に頼る小麦は、国産農家保護のため、
政府が輸入し、製粉会社などに販売していますが、国際価格が急
激に高騰したため、今年10月10%値上げしましたが、輸入価
格と売り渡し価格が逆ザヤとなり状態が続いており、来年4月も
30%程度の値上げが見込まれています。

小麦の売り渡し価格の値上げは、約1ヵ月後に製粉会社の値上げに
連動しやすく、原油価格の高騰による包装材料の値上がりとも重な
り、来年も30%前後の値上げを予定している製粉メ-カ-が多い
とのことです。

小麦を原料とする食品では、即席めん、パン、菓子類が直撃を受け
ます。ただ、安易な値上げには、消費者の買い控えを懸念する、小
売業界も抵抗しており、メ-カ-の希望通りになるかははっきりし
ません。

原料高の見通しでは、「徐々に落ち着く」と見るメ-カ-がゼロで、
「中長期に一段と高くなる」が13社と最も多く見られています。

消費者側は、百円均一ショップで「ス-パ-の買い物袋を持ったま
ま、(サイズの小さい)チョコレ-トやマヨネ-ズを買う人が目立
ってきた」といい、低価格志向の動きは変わっていません。

複数回答ですが、原料高に対する食品メ-カ-の対応は、再値上げ
や値上げ対象の拡大が17社、製品仕様を変えてコストを削減が1
4社、製品仕様を変えて値上げ13社、原料代替によるコスト削減
13社、生産、物流の効率化13社、減量による実質値上げ8社と
なっています。

今回の調査で、原料高で営業利益が30%近く減る見込みの、食品
メ-カ-30社中20社が来年4月以降も値上げを検討しています。

適正な価格上昇は経済の活性化につながりますが、今年見られたよ
うな企業利益が上がっても、給料に反映されない状態が続くと、消
費の停滞を通じて結局メ-カ-の経営にも影響を及ぼします。日本
経団連などは、来年の賃上げ容認の姿勢を見せています。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

日経新聞から イチ押し知ッ得情報
お問い合わせは teco20072000@yahoo.co.jp

相続、不動産、年金保険、金融経済詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

洋菓子の値段、今後も値上がりしそう

相続、不動産、年金保険、金融経済、税金の詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp/category/1017484.html
にも関連記事がございます。ご参考にしていただければ幸いです。

12月9日

まもなくクリスマスですが、クッキ-やケ-キなどの洋菓子の値上
がりが今後も続きそうです。

値上がりの理由を見てみると、国外要因と国内要因があり、いずれ
も簡単に解決しそうにありません。

国外要因は、高級洋菓子の多くに使われるチョコレ-トの輸入先が
フランス、ベルギ-などユ-ロ圏にあることです。円安ユーロ高は、
自動車、通信機器などの輸出には追い風ですが、ワイン、チョコレ
-トなどの輸入農産加工品、バッグ、靴などブランド品の国内販売
価格が上がることになります。

2005年12月、1ユ-ロは140円台前半でしたが、現在160
円台前半となっています。東京・江戸川の洋菓子店では、使用する
チョコレ-トの価格が1Kg1800円から2300円に値上がり
しています。

国内要因では、洋菓子の風味を出すために使われるバタ-の供給不足
です。バタ-の原料は生乳です。この生乳は、バイオ燃料などと競合
が激しい飼料価格と牛乳の消費動向を見ながら生産されてます。 牛
乳は、お茶、野菜飲料との競合が激しく、牛乳の消費量は、国民一
人1日当たり98gと1994年に比べ14%減っています。

生乳は、牛乳、生クリ-ムなど価格が高いものに優先的に利用され、
バタ-は大手乳業メ-カ-に配分されたあとに中小洋菓子店に配分さ
れるため、必要量の70%~80%程度しか調達できません。海外か
らの輸入に頼ろうにも中国、ロシアなどの生活向上に伴う需要増で輸
入困難とのことです。

乳用牛の酪農家数は、2007年2月で約25,000戸と5年前に
比べ、5000戸減少しています。飼育頭数も約160万頭と10万
頭減少しています。供給が少なくなっているにもかかわらず、製品価
格があがらないため、乳牛1頭あたりの人件費を含めた利益は195,
000円と2002年の比べ40000円減少しています。

今後も生地の小麦粉の国際価格上昇が見込まれていますので、洋菓子
全体の価格高止まりは避けられないようです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

日経新聞から イチ押し知ッ得情報
お問い合わせは teco20072000@yahoo.co.jp

相続、不動産、年金保険、金融経済詳細情報を満載した
ホ-ムペ-ジ http://www.office-ask.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)